インデックス
 ■ 無線工学を学ぶ
 (1) 無線工学の基礎
 年度別問題一覧
  H11年 4月期,8月期,12月期
  H12年 4月期,8月期,12月期
  H13年 4月期,8月期,12月期
  H14年 4月期,8月期,12月期
  H15年 4月期,8月期,12月期
  H16年 4月期,8月期,12月期
  H17年 4月期,8月期,12月期
  H18年 4月期,8月期,12月期
  H19年 4月期,8月期,12月期
  H20年 4月期,8月期,12月期
  H21年 4月期,8月期,12月期
  H22年 4月期,8月期,12月期
  H23年 4月期,8月期,12月期
  H24年 4月期,8月期,12月期
  H25年 4月期,8月期,12月期
  H26年 4月期,8月期,12月期
  H27年 4月期,8月期,12月期
  H28年 4月期,8月期,12月期
  H29年 4月期,8月期,12月期
 分野別問題一覧
  A 電気物理, B 電気回路
  C 能動素子, D 電子回路
  E 送信機, F 受信機
  G 電源, H アンテナ&給電線
  I 電波伝搬, J 計測

 ■ サイトポリシー
 ■ サイトマップ[1ama]
 ■ リンクと資料
 ■ Radio-GXK Profile

 ■ メールは下記まで



新着・更新
2017年
05/19 04月期問題頁掲載
2016年
12/13 12月期問題頁掲載
08/18 08月期問題頁掲載
過去の更新履歴(全体)


Yahoo! JAPAN
[Yahoo!Japan 登録サイト]
Google

WWW を検索
このサイト内を検索


姉妹サイト
家に光ファイバとLANを引く
集合住宅に光を 集合住宅に光を
車をシャックにしよう
素人無線通信室 素人無線通信室
オルゴールでリラックス
珠玉の自鳴琴 珠玉の自鳴琴
美瑛・富良野・昔の鉄道
アナ・デジ写真館 アナ・デジ写真館
1アマ工学 平成28年度04月期タイトル
1-ama H2804 Counter
無線工学 > 1アマ > H28年04月期

無線工学の基礎 1アマ無線工学平成28年04月期 の目次

解説・解答を見るには、問題右下の[X-25 解説・解答]をクリックして下さい。
 ■ 概要
No. Code 問題要約
A-01 HA0402 磁極からある距離離れた点での磁束密度の計算
A-02 HA0306 真空中の平行平板コンデンサの電極間に半分の厚みの誘電体を入れた時の容量計算
A-03 HB0302 RLCのそれぞれのリアクタンスから並列回路の合成インピーダンスを計算
A-04 HB0104 抵抗からなる回路網の合成抵抗・枝の電流・未知の抵抗値等の計算
A-05 HB0205 周波数が既知の正弦波交流の位相差と時間差の対応
A-06 HC0205 バリスタの機能と特性
A-07 HC0208 サージ保護デバイスの保護動作の原理と求められる特性
A-08 HD0304 ハートレー回路で、共振回路のコンデンサ容量変化時の周波数の変化率計算
A-09 HC0501 無線機器に用いられるDSPの動作原理と特徴
A-10 HD0607 論理回路と論理式の組合せ
A-11 HE0201 電けん操作回路の種類と動作、各々に用いられるリレーの名称
A-12 HE0406 SSB送信機のブロック図と、各々のブロックの働き
A-13 HE0501 IDC回路の構成・特徴・動作
A-14 HF0604 スーパーヘテロダイン受信機の中間周波増幅器の働きと影像混信の軽減法
A-15 HF0503 FM受信機の振幅制限器の動作原理
A-16 HF0706 受信機における混変調の発生する原因とその対策
A-17 HG0404 直列形定電圧回路の動作原理の回路図による説明
A-18 HG0501 電源装置の定格負荷時の電圧変動率と出力電圧の関係
A-19 HH0802 実効長or実効高、電界強度、周波数からアンテナ誘起電圧等を計算
A-20 HH0601 接地アンテナの放射効率の定義、放射効率の向上方法と接地方法
A-21 HH0701 絶対利得と相対利得の定義
A-22 HI0203 短波の電波伝播で、ロングパスが生じる理由とショートパスとのエコーの説明
A-23 HI0201 直線偏波が電離層反射後にだ円偏波になる理由と偏波性フェージング
A-24 HB0203 オシロの波形から周期波形の周期・振幅・平均値・位相差の読取り
A-25 HJ0102 階級精度と指示値の幅、真の値の関係を計算で求める
B-01 HA0104 表皮効果の特徴と、その対策の高周波回路への適用例
B-02 HC0101 各種ダイオード・半導体素子の名称と動作原理や特徴
B-03 HF0104 フェージング軽減。受信機の対策、発生原因とダイバーシティの対応
B-04 HI0501 ラジオダクトの発生原理と伝搬の特徴
B-05 HJ0204 指示電気計器の測定原理、特徴、記号等との対応

既出・類問については、以下の表から類似問題の解答・解説を参照下さい。
(H21年度以降は新問のみを解答・解説の対象としています。)
A-01 計算方法が違いますが、H2004A012をご参照下さい。
A-02 数値が違いますが、H2512A01をご参照下さい。
A-03 数値が違いますが、H1912A05をご参照下さい。
A-05 計算方法が違いますが、H2008A03をご参照下さい。
A-06 選択肢の順が異なりますが、H2008A07をご参照下さい。
A-07 選択肢の内容が異なりますが、H2104A07をご参照下さい。
A-08 数値が違いますが、H1808A10をご参照下さい。
A-09 選択肢の順が異なりますが、H2404A15をご参照下さい。
A-10 選択肢の内容が異なりますが、H2004A08をご参照下さい。
A-11 選択肢の内容が異なりますが、H1808A12をご参照下さい。
A-12 選択肢の内容が異なりますが、H2004A11をご参照下さい。
A-13 選択肢の順が異なりますが、H1808A13をご参照下さい。
A-14 選択肢の順が異なりますが、H2004A14をご参照下さい。
A-15 選択肢の順が異なりますが、H1304A18をご参照下さい。
A-16 問題の形式が違いますが、H2012B03をご参照下さい。
A-17 選択肢の順が異なりますが、H2012A17をご参照下さい。
A-18 問題の形式が違いますが、H2008A18をご参照下さい。
A-19 数値が違いますが、H2512A19をご参照下さい。
A-20 選択肢の順が異なりますが、H1804A19をご参照下さい。
A-21 選択肢の順が異なりますが、H1904A21をご参照下さい。
A-22 選択肢の順が異なりますが、H2008A23をご参照下さい。
A-23 選択肢の内容が異なりますが、H1612A21をご参照下さい。
A-24 選択肢の内容が異なりますが、H2008A24をご参照下さい。
A-25 数値が違いますが、H2004A24をご参照下さい。
B-01 選択肢の順が異なりますが、H1904B01をご参照下さい。
B-02 問題文と選択肢の内容が一部異なりますが、H1808B02をご参照下さい。
B-03 選択肢の内容が異なりますが、H2008B03をご参照下さい。
B-04 選択肢の順が異なりますが、H1812B04をご参照下さい。

A-04 次の記述は、図1に示す12個の抵抗からなる回路の端子ab間の合成抵抗の求め方について述べたものである。[ ]内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、各抵抗の値は、R [Ω]、2R [Ω]、3R [Ω]、4R [Ω]とする。
(1) 図1の回路は、図中の破線に対して左右対称である。回路中を流れる電流も左右対称になるので、図2に示す半分の回路の合成抵抗を求め、次に、全体の合成抵抗を求めればよい。
(2) 図2の端子cd間の合成抵抗は[A][Ω]であるので、図2の端子ab間の合成抵抗は[B][Ω]となる。
(3) したがって、図1の回路の端子ab間の全合成抵抗は[C][Ω]となる。
問題図 H2804A04a
Fig.H2804A04a
問題図 H2804A04b
Fig.H2804A04b


6R 10R 5R
6R 7R 3.5R
12R 16R 8R
3R 10R 5R
3R 7R 3.5R
[Top]↑  [End]↓ [A-04]↑ [B-05]↓ [A-04 解説・解答]

B-05 次の記述は、各種形式の指示電気計器の特徴について述べたものである。このうち正しいものを1、誤っているものを2として解答せよ。
可動鉄片形計器は、実効値を指示し高周波電流の測定に適している。
永久磁石可動コイル形計器は、直流電流の測定に適している。
電流力形計器は、電力計としてよく用いられる。
整流形計器は、永久磁石可動コイル形電流計と整流器を組み合せて構成される。
熱電対形計器は、交流直流両用で、波形に関わらず平均値を指示する。
[Top]↑  [End]↓ [A-04]↑ [End]↓ [B-05 解説・解答]